お金を借りるときは免許証を用意する

キャッシングの申込で用意しておく書類があり、事前に用意しておけば審査がスムーズに進むので、お金を借りる 即日申込をする前に必要書類をそろえておきましょう。
お金を借りるときに必要になる書類として、申込者が本人であることを証明するための本人確認書類で、運転免許証や健康保険証、パスポートなどどれかひとつが必要になります。
本人確認書類で運転目巨匠があれば何の問題もありません。
運転免許証には免許証番号が記載が記載されており、この番号で本人確認ができるということが有利になります。
審査で信用情報機関の個人情報を調べるとき、免許証番号から人違いを避けることができることで、仮に申込者に同姓同名の人がいたとしても免許証番号から正確な情報が得られます。
仮に運転免許証以外の書類を本人確認書類として提出すると信用情報機関から本人の情報を調べるとき、氏名や生年月日、住所などから調べることになりますが、結婚したことで配偶者の名字に変わっている人や、住所変更していない人などの正確な情報がつかみにくくなります。
また運転免許証には顔写真があるので、本人なりすましの防止にはなります。
運転免許証の交付年月日がキャッシングやカードローンの申込み日にあまりにも近い場合、偽造免許ではないかと疑われることもあるので注意が必要です
転居などで運転免許証に記載された住所と、申込時に記入した住所が違っている場合は、公共料金の領収証(ガスや電気代、水道代、住民票など)の提出を求められるのでこれらの書類も必要になります。

Posted in 消費者金融 | Tagged | Leave a comment

個人事業主がアコムを利用するときの注意点

個人事業主が消費者金融から融資を受けるとき気をつけなくてはいけないのが、どういう用途で利用するかということです。多くの消費者金融は通常のカードローンとビジネス用カードローンの利用使途をはっきり分けており、事業資金として利用したいのか、それとも個人的に利用したいのか、アコムで借りる前に使用目的をはっきりさせておく必要があります。
しかし、アコムの個人事業主用のビジネスサポートカードローンは利用使途自由なので、営業資金でも個人使用でも用途に縛られることなく利用できます。借り入れできる最高額は300万円となっており、基本的には総量規制が適用されますが、審査の結果によっては年収の3分の1を超える融資をしてくれるケースもあります。最高融資限度額は300万円なので、これを超える融資は当然ながらしてもらえません。
利用使途自由とはいえ、計画性なく使うと大変なことになります。特に経営状況の流れなどはある程度予測を立てて借り入れるようにしないといけません。借金をして状況を好転させることができるか、きちんと返済できる見込みがあるのか、などを考える必要があります。状況が悪化し、返済が苦しくなる可能性を考え、対処できるのであればさほど心配はないでしょう。
ビジネスサポートカードローンは既にアコムを利用している人でも申し込むことができます。既に利用している人と、アコム自体初めてという人では契約方法が違うので、アコムのフリーダイヤルに問い合わせて必要書類や契約方法を確認しましょう。

Posted in アコム | Tagged | Leave a comment

消費者金融で外国人が借りるための条件

最近は日本に在住している外国のかたが増えていますが、そういった人たちがキャッシングをしたいと考えたとき、キャッシングを利用することができるのでしょうか。
消費者金融で外国のかたがキャッシングをするのは原則的には可能です。ただ現実はそんなに簡単ではないようで、金融業者の側から考えてみると、仮に融資をしたとしてもいつ帰国されてしまうかわからないkじょとや、帰国してしまった本人を探し出すのも費用がかかることから貸し倒れになってしまうといったことを懸念しています。
ではどんな場合外国のかたが事業ローンを利用できるのか、観光や就労目的で日本に来ているひとはまず利用できません。
条件として安定した収入が有ることや本人証明書類が揃っている在日年数は1年以上などが基本的な条件で、契約書を読んで理解できるまでの能力は必要ありませんが、契約書の説明を聞いて理解できることや、自分の現況を説明できる程度の日本語の語学力があることで、融資は本人との契約になるため第三者を介して契約することはできません。
「安定した収入がある」ということは日本人でも同じ条件ですが、審査で在籍確認もあるので本人といつでも確実に連絡が取れることも条件になります。
外国のかたが申込むときの必要書類として、永久査証や特別永住者証明書が本人確認書類になりますが、永久査証があればベストで、そのほかにも強制送還などで貸したお金が帰ってこない事もあるので不法労働者でない事を証明するのに在日年数が1年以上必要になります。

Posted in キャッシング | Tagged | Leave a comment

消費者金融から借入するのに、使い道は伝えなくてはいけないの?

消費者金融でお金を借りたことのある方なら、ご存知かと思いますが、消費者金融では、資金の使い道が自由なフリーローンの他に、用途別ローンというものがあります。
通常は銀行カードローンでは借入の用途を聞かれることがないため、その使い道は自由です。
しかし、この用途別ローンとは、カーローン、住宅ローン、引っ越しローン、教育ローン、ブライダルローンなどの名前がついていて「そのことに関するお金しか、融資してもらえない」というものです。
また、用途がはっきりしているローンは、同じ消費者金融同士の商品を比較すると、フリーローンに比べて有利です。
しかし、ご存知の通り、銀行でも用途別ローンを用意しています。そして、銀行からの借り入れは金利が低く設定されることが多いですし、用途別ローンというのは数万円という額ではなく、数十万円〜数百万円単位での借入となるでしょう。そうすると、数パーセントの利息の違いが、返済総額の大きな違いとして表れてくることがありますので、「もし銀行のローンが利用できるなら、できるだけ検討してみる」という方法をお勧めします。
因みに、フリーローンの場合、「何に使いますか?」というアンケートを記入するようになっている場合があります。アンケートの記入は「用途を伝えたから」といって不利になることはありません。むしろ、用途がはっきりしているほうが、貸金業者の印象も良くなります。また用途別ローンが利用できるなら、それを利用するほうが、低い利率で借り入れができることもあります。

Posted in キャッシング | Tagged | Leave a comment

バンクイック本審査の内容に大きく影響する個人信用機関とは

当然のことながらバンクイックでも本審査の内容というのは公表されているものではありませんが、大きく影響をする個人信用情報機関があります。
金融業者は銀行に限らず消費者金融も信販もこの個人信用情報機関に申込者の債務情報を照会することができます。
会員となることで照会が可能となりますが、実はこれは民間企業です。
債務の情報を集約しているところとなり、個人でも本人であることを証明し1、000円の手数料を支払うと情報開示を求めることができる企業です。
驚くほどの債務情報が記載されています。
過去に借り入れがある場合、その情報も掲載されています。
バンクイックで借り入れをした、アコムで借り入れをした、そんな簡単な情報ではありません。
申し込みをして否決になったとしても申し込みを行ったという情報があります。
返済が遅れたときにはその情報もあり、踏み倒しや債務整理、完済などの様々な情報がそこには掲載されておりなおかつ金融業者はそれを審査をするときには照会することになります。
個人の氏名と生年月日があれば照会可能です。
現在の借り入れ状況だけではなく過去の借り入れ情報も知られることで不都合になることがあるかもしれませんし、完済という履歴がありこれまでに債務のトラブルが一切なかったのであればそれはプラスの情報となります。
隠すことのできない過去の情報ではありますが、掲載期間が決められておりおおむね5年から10年でその情報は消えることになります。

Posted in 消費者金融 | Tagged | Leave a comment

消費者金融の申し込みの際に必要なもの

消費者金融の申し込み方法には幾つかのパターンがあります。店頭、無人契約機、インターネットからの申し込みなどの中から、自分に一番合った方法を選ぶことができます。あらかじめ手元に必要書類を用意しておくと手続きがスムーズに進むので、個人情報や会社の情報が分かる書類を準備しておきましょう。では具体的には、申し込みの際に必要なものには何があるのでしょうか。
まず、身分証明書が必要です。消費者金融に申し込める年齢には制限があり、20歳以上69歳以下が対象となっています。運転免許証など年齢が分かるものを用意しましょう。もし運転免許証がなかったら、健康保険証やパスポートで対応できます。
借入希望額が50万円以上の場合は、収入証明書類が必要です。また、すでに他の消費者金融からお金を借り入れている場合、新規で申し込む借入希望額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合も収入証明書類が必要です。源泉徴収票・確定申告書・給与明細書のどれかを提出しましょう。
審査の際には必ず在籍確認が行なわれます。そのため、申し込みの際に会社の住所や電話番号も記入する必要があるので、店頭や無人契約機で申し込みをする際は会社の情報を書いたメモを忘れずに持参しましょう。
また、申込書への記入は正確にする必要があります。審査の際に重視されるのは申込者が信頼の置ける人かどうかということだからです。もしも申込書の内容と事実が違っていることが分かったら信頼が下がりかねません。ですから正確な記入を心がけましょう。>>学生ローンで親バレせずにお金を借りる方法

Posted in キャッシング | Tagged | Leave a comment

消費者金融に時効ってあるのかな?

ここだけの話ですが、消費者金融からお金を借りる人の中で、実際は返済に困り、長期滞納している人は、全体の7%もいるそうです。
因みに、消費者金融の借金についても、時効があるって、ご存知でしたか?
消費者金融からでなくとも、例えば、金銭の貸し借りをしたとしいます。完済していない状態でも、法律上、返済の期限から10年経った時には返済義務が消滅するのです。
民法の167条1項の項目には、「債権は10年間行使しないときは消滅する」という規定となっています。
また、消費者金融の場合には商法が適応になり、商法522条によると、
「商行為によって生じた債権は、この法律に別段の定めがある場合を除き、5年行使しないときは、時効により消滅する」となっているそうです。
これはあくまで原則の話です。詳しくは民法や商法をご参照ください。
また、時効は、時効の利益、つまりその債権が無効になるためには、時効の援用をしなくてはいけません。援用とは、相手にもう時効だから払わないという意思を伝え、それを了承してもらうコトです。
従って、この援用を行う際には、必ず専門家の力を借りる必要があります。
しかし、実際には、消費者金融からの取り立てや差し押さえがあったり、時効の中断がされて、再度5年待たなければならくなったりすることなども多々あるそうです。この時効を成立させることは、とても難しいと考えた方がよいでしょう。
それよりは、お金を借りたり、融資を受けたりする際には、必ず計画的に返済ができる状態で、契約されることをお勧めします。

Posted in ローン | Tagged | Leave a comment

銀行カードローン審査期間は長い?短い?

借り換えをするためには今すぐではなく次回返済日までにことが完結していればいいわけです。
そのため即日である必要はありません。
銀行カードローン審査期間はどのくらいかかるのでしょうか。
インターネット申し込みであればその場で審査結果がわかります、とされていますが借り換えのように金額が大きくなると審査には時間がかかることが一般的となっています。
また手続きが完了するまでにも時間がかかることがありますので少なくとも1週間は考えておいた方が無難でしょう。
手続き自体は通常のフリーローンと変わりがありません。
単純に考えてフリーローンの中で利用する借り換えになりますのでプラスされるものがるとすれば収入証明書類を用意するかどうか程度のものでしょう。
次回返済日はいつでしょうか。
1か月も時間があるのであれば余裕があります。
もし次回返済日が迫っているとしても申し込みは開始しましょう。
今月の返済日に間に合わなかったとしても今動き出さなければ変化はありません。
消費者金融のおまとめローンでは他社への返済は自分で行うのではなく基本はその消費者金融が契約者の名義で振り込みをして完済となっています。
銀行では借り入れ金額を受け取り、その金額を自分で完済することになりますので時間に余裕を持つことは忘れることができません。
もしその銀行におまとめとしての目的別ローンがあれば返済は自分ではなく銀行が代行するかもしくは返済は自分で行ったとしても完済をしたという証明書を提出することとなっています。

Posted in 融資 | Tagged | Leave a comment

総量規制とは

消費者金融でキャッシングをするとき、総量規制の制限を受けるため、融資を受けるための制限や条件があります。
消費者金融は貸金業法の総量規制の対象になるため、融資限度額は年収の3分の1以内となり、融資を受けるには「安定した収入があること」が条件になります。
なぜこのような法律で規制されるようになったのかといえば、貸金業法の改正前の消費者金融は融資限度額が決まっていなかったことから、銀行ローン審査に通ればいくらでも融資をすることができたため貸出しも大口になり、その結果返済に行き詰まった利用者は新たな消費者金融から返済のための融資を受けるといったことが続き、取り立ても一時期社会問題にもなるほどきびしい取り立てがおこなわれたため、借金から逃れるために自己破産の申し立てをするといった事が異常にふえ、当時は年間20万人以上が自己破産するといった事態になってしまいました。
金融庁は消費者を守るといった立場から貸金業法の改正を行い、取り立て方法などにもきびしく制限し、融資限度額は年収の3分の1以内と制限することで、過剰な借入を防止するようになりました。
消費者金融業者も「日本貸金業会」といった組織をつくり、過剰貸し付けの防止を目的とした自主ルールを作ったり、法令や規則に違反した業者には厳しく処分をしたり、金融業者が広告を出すときは誤解を招く広告や誇大宣伝の広告ならないかといったことを踏まえて事前審査をおこなうことなど貸金業者の自主規制に勤めています。

Posted in お金 | Tagged | Leave a comment

プロミス初めて利用する人へ

プロミスで初めてお金を借りる場合の申し込みはどうすればいいのか不安だという人には、web上から契約手続きを進めるのが一番簡単で、その時わからないことは画面を見ながら電話を使って問い合わせるという方法が、最も安心な方法でしょう。
店舗や電話で契約しようとすると相手が居るので、途中で気が変わったからやめようと思っても何となく不安んを感じたままついつい手続きを進めてしまう事もありますが、web契約なら手続きを進めていく途中でも納得のいくまで考える事も可能ですし、修正したい箇所に戻ってみたりと自分の思い通りに進めることが出来るのでweb契約では十分納得したうえで安心して契約が出来ます。
プロミスのweb契約の手続きは、事前に本認可人書類(免許証や健康保険証)と収入証明書ですが収入証明書は厳選徴収票や給料明細書などですが、初めての申し込みをする場合50万円以下の申し込みであれば収入証明書は必要ありません。
これらを内蔵カメラやスキャナで取り込んでおき、画像ファイルとして保存しておきます。
続いてweb契約画面に入り入力画面で必要事項を記入し、それが終われば事前に準備した画像ファイルを指定のアドレスに送ると自動審査が行われ、それに通るとそのあと本人に確認の電話、会社へ在籍確認の電話が入りそれらがクリアされれば最短で融資可能となります。
プロミスでは3秒診断という審査方法もあり、申し込み前に一度試されてはどうでしょうか?。

Posted in ローン | Tagged | Leave a comment