プロミスカードローンのメリッド

プロミスは大手カードローン会社の中では、最も低金利な貸付と丁寧出来め細やかなサービスが大変人気です。プロミスでは、初回の契約時に30日間無利息でキャッシングの利用が出来ます。このため短期間の借り入れを希望されるのであれば、プロミスの利用が大変おすすめです。
また、プロミスでは「レディースプロミス」と呼ばれる女性専用のカードローンサービスが人気を集めでます。プロミスの女性オペレーターが丁寧に接客を行うので、主婦の方でも安心しで用することが出来ます。ただし、専業主婦の方はプロミスに申し込むことが出来ないので注意しましょう。
プロミスでは、最大の貸付額が300万円までに設定されでます。ここでは、他社に比べで審査が柔軟に行われ、6.3%という最低金利が設定されでるので、大口融資の方も安心しで用することが出来るでしょう。
その他にも、プロミスではプーランスや自営業の方に安心な「事業者ローン」を取り扱っでます。他のカードローン会社では、自営者向げローンは審査が厳しい事が知られでます。しかしプロミスでは、それぞれの申込者の状況に合わせで資が出来るよう柔軟な審査を行っでれます。他社で否決されでまった方も、ぜひプロミスで申し込みをしでましょう。
プロミスのカードローンサービスは銀行やコンビニのATM、またパソコンやスマードンからも利用することが出来ます。もちろん、電話や(有人店舗の)窓口でも、サービスを受げことが可能です。

Posted in お金 | Tagged | Leave a comment

安心のキャッシングを選ぶには

金利が低いことやサービスが良いという点ももちろん金融会社を選ぶポイントとしては大切ですが、どうせ審査ゆるいおまとめローンを利用するのであれば、できる限り安心のできる消費者金融会社を選びたいものです。
それでは、安心のできる金融会社を選ぶポイントを知るためにも、まずは、安心のできない、危険な金融会社について知っていきましょう。

審査が不要であったり、金利が極端に低かったり、さまざまな過剰に甘い言葉で客引きをしているような金融会社は危険です。
金融会社も慈善事業ではなく、経営をしていかなければならない以上、あまり顧客に対してサービスしすぎていては、立ち行かなくなってしまいます。特に審査が不要ということは、私たちは返済ができないような人にも貸しますよと言っているようなものです。そんな会社が存在するでしょうか。よく考えてみましょう。

金利が極端に高いのもまた、法律に反した金融業者である裏づけになることもあります。
金利は法律で上限が定められており、その上限は15%から20%でなければいけないとされています。ですから20%を上回るような金利設定をしているような金融業者は法律違反です。
このような金融業者と契約をしてしまいますと、そのほかにも法律で取り締まられている暴力や暴言による強引な取り立てなどまでされる可能性もあります。

いずれにせよ、危険は身近にあるものです。自分だけは大丈夫などとは思わずに、自身を守ることができるのは自分だけであることを常々忘れないようにしましょう。

Posted in カードローン | Leave a comment

初めてのキャッシング、実は借り入れ先は一つではない

キャッシングが初めてだからこそ慎重にならなくてはなりません。
どこをキャッシング先として考えているでしょうか。
実は借り入れる金額や返済までの期間、そして収入の状況や立場によっても借り入れる先は変わってきます。
お金を借りたいから消費者金融に向かおう、その安直な考えではキャッシングは成功しません。
安全に利用できるとは限らないということです。

例えば借り入れ金額があります。
極端な例にはなりますが、住宅ローンとして数千万単位の借入を消費者金融で考える方はいないでしょう。
銀行の住宅ローンを選択するはずです。
もちろんその銀行の中でもどこで借り入れをすることが一番のお得になるのかを真剣に考えたうえで利用できる場所を探すはずです。

金額が多い例になりましたが、それでも借り入れ先を考える基本はわかっていただけたでしょう。
追って借り入れ先を細かに説明しますが、大きく考えただけでもこれほどの借り入れ先があります。
・銀行
・消費者金融
・クレジットカード
・行政
・会社

これはパートとして働いている主婦や、学生キャッシングとは全く異なる選択肢です。
安定した収入を得ているサラリーマンだからこその選択肢になるでしょう。
安心できるキャッシングには最初の選択肢である借り入れ先探しは欠かせない事項です。
多くのサラリーマンにとって適切な借り入れ先が、自分にとっても同様であるとは限りません。
まずは借り入れたい金額、返済に関わる期間、自分の年収を整理しておきましょう。

Posted in 未分類 | Leave a comment