銀行カードローン審査期間は長い?短い?

借り換えをするためには今すぐではなく次回返済日までにことが完結していればいいわけです。
そのため即日である必要はありません。
銀行カードローン審査期間はどのくらいかかるのでしょうか。
インターネット申し込みであればその場で審査結果がわかります、とされていますが借り換えのように金額が大きくなると審査には時間がかかることが一般的となっています。
また手続きが完了するまでにも時間がかかることがありますので少なくとも1週間は考えておいた方が無難でしょう。
手続き自体は通常のフリーローンと変わりがありません。
単純に考えてフリーローンの中で利用する借り換えになりますのでプラスされるものがるとすれば収入証明書類を用意するかどうか程度のものでしょう。
次回返済日はいつでしょうか。
1か月も時間があるのであれば余裕があります。
もし次回返済日が迫っているとしても申し込みは開始しましょう。
今月の返済日に間に合わなかったとしても今動き出さなければ変化はありません。
消費者金融のおまとめローンでは他社への返済は自分で行うのではなく基本はその消費者金融が契約者の名義で振り込みをして完済となっています。
銀行では借り入れ金額を受け取り、その金額を自分で完済することになりますので時間に余裕を持つことは忘れることができません。
もしその銀行におまとめとしての目的別ローンがあれば返済は自分ではなく銀行が代行するかもしくは返済は自分で行ったとしても完済をしたという証明書を提出することとなっています。

Posted in 融資 | Tagged | Leave a comment

総量規制とは

消費者金融でキャッシングをするとき、総量規制の制限を受けるため、融資を受けるための制限や条件があります。
消費者金融は貸金業法の総量規制の対象になるため、融資限度額は年収の3分の1以内となり、融資を受けるには「安定した収入があること」が条件になります。
なぜこのような法律で規制されるようになったのかといえば、貸金業法の改正前の消費者金融は融資限度額が決まっていなかったことから、銀行ローン審査に通ればいくらでも融資をすることができたため貸出しも大口になり、その結果返済に行き詰まった利用者は新たな消費者金融から返済のための融資を受けるといったことが続き、取り立ても一時期社会問題にもなるほどきびしい取り立てがおこなわれたため、借金から逃れるために自己破産の申し立てをするといった事が異常にふえ、当時は年間20万人以上が自己破産するといった事態になってしまいました。
金融庁は消費者を守るといった立場から貸金業法の改正を行い、取り立て方法などにもきびしく制限し、融資限度額は年収の3分の1以内と制限することで、過剰な借入を防止するようになりました。
消費者金融業者も「日本貸金業会」といった組織をつくり、過剰貸し付けの防止を目的とした自主ルールを作ったり、法令や規則に違反した業者には厳しく処分をしたり、金融業者が広告を出すときは誤解を招く広告や誇大宣伝の広告ならないかといったことを踏まえて事前審査をおこなうことなど貸金業者の自主規制に勤めています。

Posted in お金 | Tagged | Leave a comment

プロミス初めて利用する人へ

プロミスで初めてお金を借りる場合の申し込みはどうすればいいのか不安だという人には、web上から契約手続きを進めるのが一番簡単で、その時わからないことは画面を見ながら電話を使って問い合わせるという方法が、最も安心な方法でしょう。
店舗や電話で契約しようとすると相手が居るので、途中で気が変わったからやめようと思っても何となく不安んを感じたままついつい手続きを進めてしまう事もありますが、web契約なら手続きを進めていく途中でも納得のいくまで考える事も可能ですし、修正したい箇所に戻ってみたりと自分の思い通りに進めることが出来るのでweb契約では十分納得したうえで安心して契約が出来ます。
プロミスのweb契約の手続きは、事前に本認可人書類(免許証や健康保険証)と収入証明書ですが収入証明書は厳選徴収票や給料明細書などですが、初めての申し込みをする場合50万円以下の申し込みであれば収入証明書は必要ありません。
これらを内蔵カメラやスキャナで取り込んでおき、画像ファイルとして保存しておきます。
続いてweb契約画面に入り入力画面で必要事項を記入し、それが終われば事前に準備した画像ファイルを指定のアドレスに送ると自動審査が行われ、それに通るとそのあと本人に確認の電話、会社へ在籍確認の電話が入りそれらがクリアされれば最短で融資可能となります。
プロミスでは3秒診断という審査方法もあり、申し込み前に一度試されてはどうでしょうか?。

Posted in ローン | Tagged | Leave a comment

借り換えに住信SBIネット銀行カードローン審査を考えよう

今、銀行カードローンランキングで常に上位となっているのは住信SBIネット銀行です。
金利がどの金融機関よりも低く通常のフリーキャッシングとしても選ばれておりそれだけではなく他社からの借り換えも可能となっていますので借り換えやおまとめにも選ばれています。
住信SBIネット銀行カードローンの審査を受ける前にどんな条件があるのかをみてみましょう。
何よりも魅力になっているのはその低金利です。
3.5%〜10.0%となっておりどの銀行と比較しても低い金利になっているでしょう。
そもそも上限が10.0%のため、これは他社では借入限度額が100万円から200万円の時に適用される金利と同等になっています。
さらにATM利用手数料は無料となっており、利息を抑えられるばかりか返済手数料も抑えることができます。
現在ある借り換えができる金融機関の中では住信SBIネット銀行が最も有効に活用できるでしょう。
金利がほかよりも格段に低くなっており利息を小さくすることができます。
借り換えを利用すれば恐らくは現在の18.0%という金利の半分にまでなるでしょう。
そこまで利息を抑えることができれば返済総額も変わり返済期間もかなり短縮することができるはずです。
ただし問題があるとすれば住信SBIネット銀行カードローン審査が厳しいということでしょう。
金利が低いため住信SBIネット銀行側のリスクを回避するためにも審査は通常の銀行に比べても厳しくなっています。

Posted in キャッシング | Tagged | Leave a comment

消費者金融の審査に通らない理由

消費者金融を使ってキャッシングを申込むとき審査を受けなければならず、審査に通って初めて融資を受けることができるようになりますが、中には審査に通らないこともあります。
消費者金融はお金を貸して金利を得て利益をだしているため、できるだけ多くの消費者に利用してもらいたいのですが、貸し倒れが発生すると被害が大きくなるため、審査で申込者にお金を貸しても返済する能力があるのかを判断しますが、消費者金融利用するときは総量規制で融資限度額が年収の3分の1以内と制限されているので、それ上の融資を申込んだり、収入がなければ申込み段階で断られます。
審査は申込の記入内容の年収や勤続年数、家族構成や居住状態などをもとにコンピューターを使い点数をつけていき、高収入や勤続年数が長ければ信用度が高いと判断され、反対に収入が少なかったり勤続年数が短いと信用度が低いとみられ、融資額を下げたり場合によっては断られることもあります。
他社借入があるとき、信用情報機関の個人情報に利用履歴が記載されるので遅延があったときなどは審査に通らないこともあり、そのほか短期間に数社に申込をしたときも申込をしたことが個人情報に書き込まれるため、申込ブラックになり審査に通りにくくなります。
審査に通りやすくするためには、属性をあげることや、他社借入があるときは借入残高を減らしたり完済をしてから申込むことが必要になるといえます。

Posted in 融資 | Tagged | Leave a comment

プロミスカードローンのメリッド

プロミスは大手カードローン会社の中では、最も低金利な貸付と丁寧出来め細やかなサービスが大変人気です。プロミスでは、初回の契約時に30日間無利息でキャッシングの利用が出来ます。このため短期間の借り入れを希望されるのであれば、プロミスの利用が大変おすすめです。
また、プロミスでは「レディースプロミス」と呼ばれる女性専用のカードローンサービスが人気を集めでます。プロミスの女性オペレーターが丁寧に接客を行うので、主婦の方でも安心しで用することが出来ます。ただし、専業主婦の方はプロミスに申し込むことが出来ないので注意しましょう。
プロミスでは、最大の貸付額が300万円までに設定されでます。ここでは、他社に比べで審査が柔軟に行われ、6.3%という最低金利が設定されでるので、大口融資の方も安心しで用することが出来るでしょう。
その他にも、プロミスではプーランスや自営業の方に安心な「事業者ローン」を取り扱っでます。他のカードローン会社では、自営者向げローンは審査が厳しい事が知られでます。しかしプロミスでは、それぞれの申込者の状況に合わせで資が出来るよう柔軟な審査を行っでれます。他社で否決されでまった方も、ぜひプロミスで申し込みをしでましょう。
プロミスのカードローンサービスは銀行やコンビニのATM、またパソコンやスマードンからも利用することが出来ます。もちろん、電話や(有人店舗の)窓口でも、サービスを受げことが可能です。

Posted in お金 | Tagged | Leave a comment

安心のキャッシングを選ぶには

金利が低いことやサービスが良いという点ももちろん金融会社を選ぶポイントとしては大切ですが、どうせ審査ゆるいおまとめローンを利用するのであれば、できる限り安心のできる消費者金融会社を選びたいものです。
それでは、安心のできる金融会社を選ぶポイントを知るためにも、まずは、安心のできない、危険な金融会社について知っていきましょう。

審査が不要であったり、金利が極端に低かったり、さまざまな過剰に甘い言葉で客引きをしているような金融会社は危険です。
金融会社も慈善事業ではなく、経営をしていかなければならない以上、あまり顧客に対してサービスしすぎていては、立ち行かなくなってしまいます。特に審査が不要ということは、私たちは返済ができないような人にも貸しますよと言っているようなものです。そんな会社が存在するでしょうか。よく考えてみましょう。

金利が極端に高いのもまた、法律に反した金融業者である裏づけになることもあります。
金利は法律で上限が定められており、その上限は15%から20%でなければいけないとされています。ですから20%を上回るような金利設定をしているような金融業者は法律違反です。
このような金融業者と契約をしてしまいますと、そのほかにも法律で取り締まられている暴力や暴言による強引な取り立てなどまでされる可能性もあります。

いずれにせよ、危険は身近にあるものです。自分だけは大丈夫などとは思わずに、自身を守ることができるのは自分だけであることを常々忘れないようにしましょう。

Posted in カードローン | Leave a comment

初めてのキャッシング、実は借り入れ先は一つではない

キャッシングが初めてだからこそ慎重にならなくてはなりません。
どこをキャッシング先として考えているでしょうか。
実は借り入れる金額や返済までの期間、そして収入の状況や立場によっても借り入れる先は変わってきます。
お金を借りたいから消費者金融に向かおう、その安直な考えではキャッシングは成功しません。
安全に利用できるとは限らないということです。

例えば借り入れ金額があります。
極端な例にはなりますが、住宅ローンとして数千万単位の借入を消費者金融で考える方はいないでしょう。
銀行の住宅ローンを選択するはずです。
もちろんその銀行の中でもどこで借り入れをすることが一番のお得になるのかを真剣に考えたうえで利用できる場所を探すはずです。

金額が多い例になりましたが、それでも借り入れ先を考える基本はわかっていただけたでしょう。
追って借り入れ先を細かに説明しますが、大きく考えただけでもこれほどの借り入れ先があります。
・銀行
・消費者金融
・クレジットカード
・行政
・会社

これはパートとして働いている主婦や、学生キャッシングとは全く異なる選択肢です。
安定した収入を得ているサラリーマンだからこその選択肢になるでしょう。
安心できるキャッシングには最初の選択肢である借り入れ先探しは欠かせない事項です。
多くのサラリーマンにとって適切な借り入れ先が、自分にとっても同様であるとは限りません。
まずは借り入れたい金額、返済に関わる期間、自分の年収を整理しておきましょう。

Posted in 未分類 | Leave a comment